TOPページ > クリニックにCTがあるメリット

クリニックにCTがあるメリット

CTがある当院では…

初診の時にすぐCT検査(無料)※

イメージ画像

その日のうちにその場で3Dシュミレーションソフト(無料)※で、
インプラント埋入計画の立案・説明・解析(無料)※

イメージ画像

※当院でインプラント治療を契約された患者様に限ります。

矢印

診療日を決めます

1~2本の手術なら当日のオペも可能(1本15分~20分のオペ時間)。
しかも切らない・縫わない手術

矢印

術中にも撮影

イメージ画像

術中にも再度CTを撮って、
ドリルの深さ、方向性にブレがないかチェック!

イメージ画像

矢印

術後にも撮影

イメージ画像

術後にも再度CTを撮って、
シュミレーション通りにインプラントが埋入されているかチェック!

イメージ画像

矢印

CTが院内にあることによる、様々なメリット

当院ならCT撮影は何度でも無料。しかも歯科専用CTなので、一般医科用CTに比べ被爆量をわずか1/8~1/50まで軽減しています。

イメージ画像

CTがない他院では…

初診時にカウンセリングのみ。CTのある病院への紹介状を渡されます。
しかし一般病院のCTは医科用CT(断面スライス幅が0.5~1mm)であるため、歯科用CT(断面スライス幅が0.075mm)と比べ画像は粗く、更にCT撮影の予約は通常大きな病院だと2週間後になり、費用も2万円前後の自己負担となります

矢印

2週間後、CT撮影のために一般病院へ行くと、1時間前後待たされます。

矢印

さらに1週間後に一般病院からCTのデータが歯科医院に送られてきます。
インプラントシュミレーションソフトを使用する場合はその時点でデータをメーカーに送るため、そこからさらに1~2週間かかります
シュミレーション費用も1~2万が平均相場です。

矢印

治療日を決めます。この時点で初診日から約1ヶ月が経過しています。

矢印

手術当日、CTが無いので手術中にドリルの深さ、方向性、ブレがないか等々のチェックができません

矢印

術後にもその場でCT撮影が出来ないので、シュミレーション通りにインプラントが埋入されたかチェックできません。
後日また一般病院へCT撮影に行き、CT撮影料2万円前後が自己負担になります

重要

被ばく線量について

被ばく線量

当院のレントゲン及びCTスキャンは従来の製品と違ってX線が連続照射ではなく、パルス照射となっているのでX線照射は少量に抑えられています。