TOPページ > インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、 その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
当院のインプラント治療は
“本物の歯のような見ため”
にこだわっています。
インプラントイメージ

インプラントの素材

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。 チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最適であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されています。 インプラント治療では、まずインプラントを顎の骨に埋め込み、2ヶ月から6ヶ月後、骨とインプラントが結合したら、 アバットメントという軸を装着し、それを土台に上部にクラウンをかぶせます。 インプラントが顎の骨としっかりと結合すれば、その上には取り外す必要のない丈夫で安定した歯を作る事ができます。

インプラント治療の進め方

1.検査 ¥2,500

レントゲン撮影を行います。
大きな虫歯や歯周病に罹患していると、インプラント治療に弊害がある場合がありますので、虫歯と歯周病の検査をします。
虫歯と歯周病の検査は保険診療で3割負担で約2500円となります。

2.精密検査 無料

CT撮影を行い、そのデータを元に3Dシミュレーションソフトによる検査を行います。 Simplant(インプラント術前シミュレーションソフト)

3.相談・コンサルテーション ¥0

検査結果を元に治療計画を立てます。 通院回数、期間、インプラント埋入本数、補助手術(GBR,サイナスリフト等)の必要性の有無、 治療費等の説明を行います。

4.治療開始

ご理解、ご納得されればいよいよインプラント治療の予約をして頂きます。

5.インプラント埋入手術 ¥160,000

人工歯根(フィクスチャ) 人工歯根(フィクスチャ)を埋入します。

6.アバットメントの装着 ¥40,000

2~4ヶ月後、フィクスチャが骨と結合しているのを確認できたら、アバットメント(土台)を装着します。

7.型どり

歯肉が安定しているのを確認できたらインプラントの歯型を摂取します。

8.人工歯の装着 ¥50,000~

人工歯をインプラントに装着して咬み合せを調整して完了です。治療開始から完了まで最短で約2ヶ月です。 インプラント埋入部位、本数、骨量により治療期間は変わります。

インプラント治療方法 / オプション

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントとは、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込む技術です。
治療期間が大幅に短縮され、患者さんの負担も減ります。 また、抜歯してからすぐにインプラントを入れることで、顎の骨のロスを抑えることができると言われています。

フラップレス手術(メスを使わず糸で縫う事もない手術法)

サイナスリフト2 サイナスリフト3 サイナスリフト4

通常のインプラント手術は、メスで歯肉を切開し、顎の骨を露出させて行いますが、 フラップレス手術では歯肉に小さな穴を開けて、そこからインプラントを埋入するので術後の腫れや痛みはかなり軽減できます。

縫わないので当然、抜糸も不要です。このオペ方法のことをフラップレス手術と言います。 体の手術で例えるなら内視鏡手術に似ているかもしれません。

フラップレス手術は比較的難易度の高い技術であるため、誰にでも必ずできるわけではありませんが、 当院ではフラップレス手術を行っており、多くの患者さんがこの手術を受けています。

サイナスリフト1

どうして骨を削らず、インプラントを埋入できるの?

それは直径1㎜、深さ9㎜の穴を開けるだけ。
その後外側に骨を圧縮し、骨幅を4㎜~5㎜に広げます。そしてその穴にインプラントを埋入します。大切な骨を削りません。
体に優しく術後の痛みもわずかです。

骨を削らないインプラント画像
当医院では、入れ歯でお悩みの患者さん、骨が少なく他の歯科医院でインプラントを断られた患者さんにも安心してインプラント治療を受けて頂く為に大口式インプラント法をお勧めしています。
何か気になることがある場合はスタッフまでお気軽にお尋ねください。

大口式インプラント法

図1と比較して図6は骨が少し厚くなっているのが分かりますか?
大口式インプラントでは、極細の針から順次少しずつ太い針を使い骨を削らずに押し広げていくので、従来のドリルで骨を削って穴を空ける術式と違って、骨の体積を減らすことなくインプラント埋入と同時にわずかに骨を太らせることが可能です。

大口式インプラント法
オーギュメーターを応用した場合の模式図
 ●すりこぎ : オーギュメーター
 ●砂 : 骨
 ●透明プラスチック : 頬側、舌側骨板
砂にすりこぎを潜りこませると砂は「すりこぎ」に押され、逃げやすい場所へ移動する。
硬い“鉄板”方面には逃げることができないため、「透明プラスチック」を押し広げ砂の高さもわずかに上昇する。

サイナスリフト法

サイナスリフト1 サイナスリフトはインプラント治療に伴って行われる骨増成手術の一つです。
左の図のようにサイナス(=上顎)の空洞が広いとインプラントを埋入する際に不都合が生じます。
この空洞を充填剤を使用し、文字通りリフト(=持ち上げ)てインプラントを埋入する適切なスペースを確保します。


サイナスリフト2

まず手術部位を切開し、専用の器具を用いて穴を開けます。右の図は透過した様子です。

サイナスリフト3

まず手術部位を切開し、専用の器具を用いて穴を開けます。右の図は透過した様子です。


数回に分けて穴を開けた後、左の図のようにサイナスまで到達します。
そして、充填剤をいれることでサイナスをリフトアップします。

サイナスリフト4 充填剤も数回に分けて入れます。
この図のように、骨の密度が高まることにより、歯槽骨の高さが確保され インプラント治療が可能になります。
骨の問題でインプラントを断念されていた方も是非、当院にご相談ください。
最小の外科的侵襲でサイナスリフト術を安全、確実に行えるシステムです。

骨再生誘導法(GBR)

骨誘導再生法(GBR)とは、インプラントを埋めたいのにインプラントを埋めるだけの骨がない方に行う手術です。
骨が足りてない部分へ骨の代わりになる充填材料を入れ、インプラントがしっかり骨で支えられるようにします。

骨の量が足りていない状態
骨誘導再生法(GBR)とは

歯が抜けてしまったり、歯周病などが原因で歯槽骨がやせてしまうと、骨の量が少なくなり、インプラントを埋めることができなくなります。
点線部分は本来あるべき歯槽骨の厚みです。

手術の流れ
骨誘導再生法(GBR)とは

1.歯槽骨の吸収が著しいため、インプラントの表面も露出しています。

骨誘導再生法(GBR)とは

2.自家骨または骨補填剤を入れ、人工メンブレン(専用の膜)で覆います。

骨誘導再生法(GBR)とは

3.歯肉を戻し、骨の再生を待ちます
骨が再生して、インプラントが固定されるまで4ヶ月~半年程度かかります。

骨誘導再生法(GBR)とは

4.人工歯を装着します
骨が再生し、インプラントがしっかり固定されたら、人工歯を装着します。

骨誘導再生法(GBR)とは

必要なGBR処置を行わずにインプラント治療を行うと、インプラント体が骨からむき出しになり危険です。

エッジエクスパンション

骨誘導再生法(GBR)とは

骨幅がせまく、十分な厚さが確保できない場合に行う処置です。
広げたい箇所の骨にピエゾサージェリーで切り込みを入れ、徐々に骨を押し広げていきます。

ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、骨の吸収を防ぐ為に、抜歯窩に人工骨などを入れて骨を再生させる方法です。 抜歯をした時の「穴」を抜歯窩と言いますが、この抜歯窩は、時間の経過とともに周りの骨の吸収が進み、痩せて薄くなっていきます。 痩せて薄くなってしまうと、インプラントを埋め込むことが難しくなるため、骨再生治療を行うことになります。そうなる前に処置をしておく方が負担が少なくてすみます。

ソケットプリザベーション

当院で使用しているインプラント

ストローマン デンタルインプラントストローマン デンタルインプラント

ストローマン デンタルインプラントストローマン デンタルインプラント 1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、もっとも信用されているインプラントの一つに数えられています。
各専門分野のエキスパートによって構成された営利を目的としない国際的研究チームITIと、骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所が共同開発をしてできたインプラントです。

Zimmer Dental Formerly CALCITEK

カルシテックロゴ カルシテック 97%のHA(ハイドロキシアパタイト)結晶体で構成されるMP-1Rコーティング仕様です。
他社のHAコーティングをはるかに超える純度があり、骨と結合しやすいため治療期間の短縮が可能です。様々なサイズ、形状がラインナップされていて、歯科医であれば誰もが知っている有名ブランドです。
抜歯と同時に、その日にインプラントをする場合に最適です。
また、ZIMMER BIOMET社は整形外科領域の人工関節で全世界トップクラスのシェアを誇ります。

ノーベルバイオケアインプラントシステム

ノーベルバイオケアロゴ ノーベルバイオケアインプラントの画像 40年を超える臨床応用実績を誇るインプラントシステムです。
世界で最も多い臨床実績を誇るブローネマルクシステムをはじめ、様々な症例および骨のタイプに対応する多岐にわたるインプラントシステムを提供しております。
アバットメントのコネクションは3種類のタイプがあります。

Simplant シムプラント

サイナスリフト1 インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。
そこで、治療前にCT撮影を行い、最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を使用し、顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。
これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。

シムプラント 治療計画とシミュレーション

1.あらゆる角度からの測定、シミュレーションが可能
SimPlantは、CT撮影のデータを再構成した3D画像により、多角的な測定やインプラント埋入シミュレーションを実現します。
1.あらゆる角度からの測定、シミュレーションが可能
2.強力な3次元画像表示とリアルインプラント表示で、より確実な治療計画をサポート
高品質の3次元表示、骨断面カットをしてインプラントメーカー各社から提供された設計データに基づくリアルな3次元インプラント表示は、各種インプラントの特性を考慮した治療計画の立案をサポートします。
2.強力な3次元画像表示とリアルインプラント表示で、より確実な治療計画をサポート
3.サージガイドによる手術
サージガイドは、ドリリングする際にシミュレーション通りの位置・方向(角度)を、正確にコントロールするためのガイドです
骨支持・粘膜支持・歯牙支持の3タイプをご用意しています。
3.サージガイドによる手術