TOPページ > 激安国産10万円インプラントは本当に安い?

激安国産10万円インプラントは本当に安い?

1ピース1回法合計15万円、これはある激安インプラントクリニックの例です。しかし8~9割の患者様が1回法は不可能または不向きになります。

次のような場合、通常激安10万円インプラント(1回法)は出来ません。

① 歯を入れたい方向と骨の方向が違う

ワンピースインプラント ツーピースインプラント

1回法はインプラントとアバットメントが1体式(1ピース)なので、最後にかぶせる歯の方向を変えられない。結果的に無理に下の歯と咬合するように作ると、大きな歯・分厚い歯になってしまう。歯の形態にしわ寄せが来てしまう。

② 骨の量やスペースが少ない

③ 見た目や仕上がりを審美的に自然にしたい場合

結論から言うと、インプラントを希望する患者様の8~9割程度が①②③の条件を満たします。つまり8~9割の患者様は 1回法が不可能または不向きということになります。結果として2回法を勧められることが多いようです。

天然歯

天然歯

1回法の特徴

1回法の特徴骨の方向にインプラントを埋入せざる得ないので全体のバランスが悪くなります。

2回法の特徴

2回法の特徴骨の方向に関係なくインプラントを理想の位置に埋入できるので自然な仕上がりにできます。

例えば前歯が6本無い場合

1回法の例

1回法の例
1回法はインプラントとアバットメントが1体式なので強度の問題と2本以上埋入する場合、平行性がとりづらい理由で欠損している歯の本数分だけインプラントが必要になるケースが多いです
1ピース1回法は インプラントを埋入した方向に頭部が位置するために複数本のインプラントの平行性が保てず6本欠損の部分にインプラントが6本必要になるのです。

1回法(激安インプラントクリニック1本15万円)でのお見積もり

15万円 × 6本 = 90万円

合計 90万円

2回法の例

2回法の例
2回法はインプラント同士が平行でなくても、アバットメントで平行性を再現でき るので6連結の歯を入れることが可能です。
2ピース2回法であれば、頭部(アバット)の方向を自由に作れるので、 6本欠損を3本のインプラントで治療可能なのです。

2回法(当院高品質インプラント1本28.5万円)のお見積り

28.5万円 × 3本 = 85.5万円
ダミーの人工歯 8.5万円 × 3本 = 25.5万円

合計 111万円

このようにトータルの治療費の差は21万円です。
仕上がりは2回法が断然優れているわけですから、「インプラント1本10万円」という最初のインパクトほど実は激安ではないことがわかります。
更に医療費控除を申請すれば、税金が還付されるので差額はさらに小さくなります。

当院・高品質インプラント(海外製)

2ピース2回法 合計28.5万円 切らない縫わない手術 CT無料・3Dシミュレーション クスリ代無料

ノーベルバイオケアやZIMMERのインプラントでは業界最安値

インプラントメーカー約100社以上の中で世界シェア上位5位以内のメーカー ノーベル・zimmer の治療費としては 業界最低料金で治療可能です。
他院での見積書をご持参して当院は最後に来院して下さい。 その見積より安く治療できるようにご提案します。

価格の差は品質・仕上がりの差!

つまり価格の差は品質の差!仕上がりの差!

チェーン展開している激安クリニックの特徴

私は同業者なので内情は全て知っています。
 激安クリニックで私の歯科医の友人が働いていたからです。

  • ① 激安クリニック全体(総院長、雇われ院長、勤務医、研修医、すでに退職した勤務医の合計)としてのインプラント実績を大きく宣伝→
  • ② 勤務医が多数いるため医師1人当たりの経験は少ない→
  • ③ 激安インプラント→利益が少ない→勤務医の給与が安い→レベルの低い歯科医→
  • ④ 激安クリニックのホームページに記載されている「在籍している医師は激安クリニック独自の研修をクリアしているから安心!」→第三者の審査基準でないから
  • ⑤ そもそも手先の器用な歯科医は10人に1人くらい
  • ⑥ 勤務医の給与が安いので3年後には退職している可能性が高い→
  • ⑦ 症例写真が無い。または少ない。あったとしてもどの医師の症例か不明。すでに退職も…→
  • ⑧ 訴訟をかかえている
  • ⑨ ホームページに元大学教授が在籍と記載されているが、実際にはほぼ名義貸し状態でクリニックには不在。
    手術をするのは教授ではない別の歯科医→

ALL ON 4の欠点!

  • ① かなり長いインプラントを斜めに埋め込まなければならない→
  • ② 日本人の顎骨は薄いのでALL ON 4は適さずALL ON 6でなければ無理な場合が多い。
  • ③ 結局はインプラントで固定した入れ歯のようなもの
  • ④ 4本のインプラントで総入れ歯を支えるので、インプラントが1本でもダメになると総入れ歯をすべて作り直す可能性が高い
    さすがに3本インプラントでは支えられない。
    ※通常のインプラント治療では「右奥」「前歯」「左奥」の3分割に区切って歯を完成させるので、10年以上も経過してインプラント1本に不具合が生じても部分的に再治療が可能。
  • ⑤ALL ON 4は4本のインプラントで10本の歯を支えます。通常、人間の歯は14本なので左右の奥歯が2本づつ、計4本の奥歯が足りてない状態で完成なので咬み応えの満足感は通常のインプラント治療より低いです。つまりオール(全ての歯)ではないのです。因みにALL ON 6は奥歯が合計2本足りていない状態で完成です。
  • ⑥抜かなくても良い健康な歯が残っている場合は全て抜歯しなければ治療できません。
下顎に2本の犬歯が残存する症例。歯列は3カ所に分断され、計6本のインプラントが必要になる。
残存する2本の犬歯を抜歯しなくてはならなくなる。

以上がALL on 4(オール オン 4)の欠点およびデメリットです。

治療費用の比較

大学病院

1本45万円(CT撮影料・診断料は別途負担)
※大学病院では通常1回法1ピースは使用しません。
※通院期間6ヶ月~2年

一般医院

2回法2ピース  1本30~55万円
1回法1ピース  1本25~35万円
(CT撮影料・診断料は別途負担)
※使用するインプラントは国産の場合もあれば、海外製の場合もあります。

当院

1本25万円(CT無料)
※セラミックの場合は28.5万円
※海外高品質メーカー・2回法2ピース使用

ノーベルバイオケア、ZIMMERのロゴマーク

激安クリニック

1本15~23万円(CT無料)
※国産1回法1ピース使用

激安クリニック 激安インプラントで検索すると

  • 医療法人 樹啓会 シティデンタルクリニック(福岡)
  • 2013年
    年間1,585本のインプラント実績をうたっていたが、被害者を多数出して倒産。
    前払いの治療費は返金されず。福岡では有名で大きなクリニックだった。
  • 六本木美容歯科(東京都港区)
  • 2009年
    倒産。当時「大手プロダクションやモデル事務所の提携クリニック」、「どんなひどい虫歯や歯周病や歯並びも3回の通院で完治」、「外資系欧米式最先端歯科」などと有名ファッション誌に広告を出していたが、被害者を多数出していつのまにか消滅。
  • 関歯科クリニック(愛知県豊橋市)
  • 2010年 インプラント使いまわし事件
  • 某インプラントセンター(東京都中央区)
  • 2007年 インプラント手術死亡事故
  • アイデンタルクリニック(旧ヒロシデンタルクリニック)(東京都新宿区)
  • 2009年 強制わいせつ容疑で院長逮捕
  • 銀座眼科(東京)
  • 2009年 レーシック集団感染症で営業停止
  • 某大手美容外科系列の激安レーシック眼科
  • 2010年 倒産
  • 医療以外の分野ですが参考までに。
    焼肉酒家えびす
  • 2011年 激安ユッケ集団食中毒死亡事件
  • アーバンエステート(格安住宅)
  • 2009年 顧客に工事代金を前払いさせた後、破産
  • ヒューザー(格安マンション)
  • 2006年 耐震偽装事件(姉歯建築士)
  • 激安高速バス
  • 2012年 7人死亡、39人重軽傷
  • 激安航空会社スカイマーク
    2015年 上場廃止
  • 激安脱毛エステ「ミュゼプラチナム」
  • 2015年
    激安商法とテレビCMで会員を増やしたが全く予約が取れないという苦情が殺到。創業から10年で倒産。
  • 激安・格安バススキーツアー
  • 2016年 バス転落事故 15人死亡
今になってみれば、やっぱりなと思えるのですが…
事件前は大々的な広告、華やかなホームページ、雑誌やTV出演、
利益を還元!企業努力によって実現!
などとうたって集客します。
フタを開けてみれば見えない部分で手抜きをしてただけです。
経営努力でも何でもなかったのです。

表向きは大量仕入れや薄利多売によって低価格を実現できるのだと言っておられます。
しかし、当医院でもインプラントを大量仕入れしています。
インプラントの症例数も平均歯科医の50倍以上ございます。
薄利多売のクリニックはわずかな患者の減少で経営が成り立たなくなる傾向があります。
治療途中のインプラントや、治療後の保証、入金済の治療費はどうなるのでしょうか?

当院では、インプラントは必ず院長が手術から型取りまで、すべての工程を行ないます。
電化製品ならばどの店で購入しても同じ品質ですから安い店に行くのが良いでしょう。
しかし、インプラントは電化製品と違って、品質プラス埋め込む位置、角度、深さ、太さ、本数…等、医師の経験や技術によって5年後、10年後に大きな差が出てきます。

インプラント治療の成功には?

インプラント治療の成功には、ドクターの技術力がもっとも重要な要因です。
あなたのインプラント治療を成功させるには、経験が豊富なドクターにお願いしなければなりません。
ここで知っておかなければならないことは、治療はインプラントを埋め込む手術だけではないことです。手術前には、どこにどのようなインプラントを何本埋め込むかといった精密な診断が必要です。
インプラントの部位以外の歯の治療も必要になる場合も、しばしばあります。インプラントを埋め込んだ後は、噛めるようにクラウンなどの装着も必要です。治療が完了すれば、メンテナンスを行い、良いお口の状態を維持していく必要があります。
つまり、インプラント治療に付随する多くの作業も行う必要があるため、1年間に1人のドクターが埋め込み可能なインプラントの数は、最大500本程度と考えます。数多くのインプラントを埋め込んでいる医院の場合は、複数のドクターがいると思われます。埋め込み本数をドクターの数で割ることにより、正確な実績を知ることができます。
ドクターひとりあたり、年間200~500本くらいの埋め込みが適切な治療をしている目安になると思います。 「埋め込み本数は年間2,000本」と桁違いの本数が宣伝されていても、それが20軒あるグループ歯科医院の総合本数であり、ドクターが40名いれば、ひとりあたりの本数は50本です。たいしたことないのです。
そのなかの一部のドクターは、流れ作業の治療行程の中で、たくさんのインプラントを埋め込んでいるとは思います。
しかし、経験の少ないドクターもまぎれているのです。 研修は若いドクターにとっては大変重要なことですが、あなたが若い研修医のモニター患者(練習患者)になるのは得策ではありません。
経験豊富な医院で治療を受けることは必ずしも重要ではなく、「経験豊富なドクター」に治療をしてもらうことが重要なのです。 その医院にいる代診の先生ではなく、院長先生から直接治療を受けてください。
技術のある先生は、自分自身が経営する医院をもっているはずだからです。
クオリティの高いインプラント治療を行うには、あまり多すぎる必要もありませんが、一定の治療経験が必要なのです。

信頼できるインプラントシステム

インプラント世界シェア
患者さんが治療費の安さで医院を判断した場合や、歯科医が導入する価格が安いからといって成長が期待できないメーカーのインプラントを導入した場合、数年後そのインプラントが販売中止となっている可能性があります。
また、大幅なモデルチェンジを行った結果、メーカー自身が問題のあった製品を消滅させることもあります。
将来、患者さんの歯の状態は変わってくるため、インプラントの設計を将来は変更しなければならないこともあります。ですから、長期的な視点で、メーカーの信頼性を考慮に入れないといけないのです。
インターネットでそのインプラントを検索し、信頼できるメーカーかどうか調べて下さい。
各国に複数のインプラントメーカーが存在します。インプラント治療の最新情報は海外から入ってきますので、国内だけでなく、世界のシェアを確認して下さい。
今日のインプラント治療には45年以上の歴史がありますので、過去にはシェアを伸ばしたけれども、現在は消滅してしまったインプラントもあるのです。
たとえば、サファイア・インプラントやブレード・インプラント、骨膜下インプラントは消滅しました。
厚労省の認可がとれているインプラント・システムは数多くありますが、そのうち、世界的に信頼できるインプラントメーカーは数社なのです。
信頼できるインプラント・システムでも、1つのシステムではすべての治療範囲をカバーしません。したがって、信頼性の高いインプラント・システムを複数導入しているドクターから治療をうけるべきなのです。

歯科医院を選ぶ際の注意点

1.数多くの歯科医院を開業しているチェーン店歯科は避ける

チェーン店展開が歯科医業でしにくい理由は、仕事の内容に熟練が必要なため、均一な仕事内容を提供しにくいためです。
チェーン店歯科医院の分院長になっても、優秀な先生はノウハウを会得した後すぐに退社し、自分で開業してしまうので、チェーン店展開が難しいのです。いつまでもチェーン店に雇われ続けている先生は能力の無い方かもしれません。
また、チェーン店の理事長は、治療以外の業務に追われていると思われますので、経営能力には優れていますが、治療の技術に卓越している方は少ないようです。
チェーン店歯科では経営が悪くなれば、撤退の可能性が極めて高くなります。
歯科医院の数がコンビニの数を上回っています。それが原因で新規開院の50%が廃院になっています。

2.担当ドクターが変わらないこと

インプラント埋め込み手術と、軸や被せといった上部構造の治療(補綴治療)で領域を分け、2名のドクターでインプラント治療を行う場合もあります。
しかし、良いインプラント治療を一貫して行うためには、治療のはじめから最後まで、一人のドクターが責任をもって診察、治療するのが原則と考えます。
チーム医療という言葉に騙されないようにして下さい。
インプラントの経験が少ないドクターが、チーム医療を組んでも何の意味もありません。
高い技術を持つドクターは、インプラントの上部構造(補綴治療)が理想的な配置になるようにインプラント手術を行ないます。チーム医療の名のもとに、インプラント手術と補綴治療を2名以上のドクターが担当すると仕上がりに誤差が出てしまうのです。

他医院でのインプラントレントゲン写真
他医院で埋入した、3本のインプラントなのに2本の人工歯。
真ん中の一本は無意味です。

3.治療費が相場よりも極端に安い医院は避ける

一般に、料金がかかることには相場というものがあります。インプラント治療にも相場があり、1本30~55万円です。

サージカルガイドインプラントの埋め込み手術の際には、ドクターの技術力とインプラント自体の値段が治療費に影響します。極端に安い時は、ドクターが初心者だったり、ノンブランドの安いインプラントを使っていたり、位置決めに必要なオーダーメイドの補助器具を作らなかったりして、経費を節約しています。

インプラントと歯槽骨との骨結合が完了してから、軸やクラウンといった上部構造が作られます。費用の差は、インプラント埋め込み手術の時よりも、軸やクラウンを作る補綴治療の時にでやすいといえます。
インプラント自体の型採りを行い、オーダーメイドのクラウンを良質な金属や素材を用いて作ると費用がかかります。一方、普通の歯の治療の時と同じ方法で型採りを行い、低い技術の技工士が安価な金属や素材で作れば安く仕上がります。

インプラント専用の型取り
インプラント本体が埋め込まれたインプラント専用の型取り。この模型を作るだけで原価1万円程度かかります。

安いインプラント治療を受けたために、治療費が高くなってしまうこともあると思います。なぜかというと、インプラント1本の値段が安くても、全体の治療費が安くなるとは限らないからです。
たとえば、全部歯がなくなった場合、最新のインプラントを使って新しい治療法を行えばインプラントは4本で足りることもあります(オールオンフォー) 以前からある設計だと、片あごに14本のインプラントを埋め込む場合もあるのです。いくら安くても、10本も本数が多ければ全体の治療費はあまりかわらないと思います。むしろ、安いインプラントの方が、最終的には高くなることもあるのではないでしょうか。
インプラント以外のことについても言えますが、料金・治療費が相場と比べ、あまりにも安い場合には注意が必要です。安すぎるモノには訳があるのです。

4.「激安インプラント専門クリニック」の落とし穴

通常、インプラント治療が必要なほど歯の状態が悪化してしまった患者様の80%以上は他の歯も治療が必要な場合が多いです。
当院では保険診療も扱ってますのでインプラント以外の歯科治療はたいてい1本2~3000円で可能です。激安インプラント専門クリニックでは保険診療は扱ってませんので、インプラント以外の歯科治療は1本1~10万円くらいかかります。または、インプラント以外の治療は行なっていない場合も多いようです。
結果として、インプラントは激安でも全ての歯科治療費の合計はむしろ高くなることもあります。
インプラント専門というと聞こえは良いですが、現在ご自分の残っている歯の治療と、インプラント治療を1件のクリニックで任せるのが患者様にとっても理想的な口腔内の再建につながるのです。
最後に当院では毎年、数名の患者様が激安クリニックでの失敗のリカバリー治療に来院しています。
当院のホームページが少しでもクリニック選びの参考になれば幸いです。

当院で撤去した激安インプラント
当院で撤去した激安インプラント



チェーン展開型の激安クリニックの特徴として基本的に勤務医又はアルバイト医師、又は良くて雇われ院長なので2年前後で退職してしまう歯科医が80%です。
また、30才前後の若い歯科医が雇われ院長というケースが多いので経験が浅いはずなのですがホームページのプロフィールには年間500本とか書いてあったりします。
それでも貴方が激安クリニックで治療を受けたいのなら雇われ院長になって何年なのか?貴方のインプラント治療が完了するまで退職しないか確認しましょう。

5.インプラント20年保証とか一生保証というクリニックのカラクリについて

そのクリニックが20年後も存在している保証が無いのですから長すぎる保証を謳うクリニックは注意が必要です。
また通常、保証は年に2回の定期検診を受けている患者様を対象にしている場合が多く、1回の定期検診の費用は当院では約5,000円です(本数によって変動)。ところが20年保証や一生保証のクリニックでは年に6回以上の定期検診を義務づけたり、1回の費用も1~2万円だったり、治療費の半額のみ自己負担だったり、皆さんがイメージしてる保証とは違ったものだったりします。

6.眠っている間にインプラント手術が終わる

当院では、日本歯科麻酔学会 認定医が在籍してますので、ご希望であれば静脈内鎮静(セデーション)によって眠っている間にインプラント手術を行うことが可能です。
しかし、「目が覚めた時にはインプラント手術が終わっている」というと聞こえは良いですが、良いことばかりではないのです。
インプラント手術は、細いドリルから太いドリルにて骨を順次拡大していくのですが、骨の硬い部分から軟らかい部分にドリルがブレることが多々あるのです。ですから細いドリルの時点で方向性や深さをCTで確認することが安全な手術なのです。眠ってしまってはCT確認ができません。
当院では「切らない縫わない手術」が80%を占めますので静脈内鎮静は全く必要ありません。手術時間も1本20分ほどです。また静脈内鎮静は通常7~10万円の費用が患者様の負担となるクリニックが多いです。但し、1度の手術で複数本のインプラントを埋入したり、大がかりな造骨手術の場合は当院でも静脈内鎮静を行うことは当然ながらございます。

7.日本製、一流メーカーのインプラント?

最近の他の歯科医院のホームページでよく見かける広告です。
激安だけど日本製一流メーカーだから大丈夫だと言っておられます。
ホームページ上では上手にブランド化されて説明や写真が載っているので不思議と一流な気がしてきます。
「保証も5年付いてます」と書いてあるので安心な気がします。しかし、6年目以降はどうなのでしょうか。
海外一流メーカーのインプラントは10年以上長持ちする統計が95%と出ています。 40年以上の長持ちした人も実在します。
そもそもインプラントの一流メーカーとは海外のノーベルバイオケア社、ストローマン社、Zimmer社、アストラテック社の4社くらいまでが世界基準でいう一流メーカーです。
日本製というと安心と思う方も多いのでは?と察しますが、つい5年ほど前に自称日本製一流メーカーのインプラント(A●▲インプラント)が日本国内だけで多くの日本の歯科医院に普及しました。しかしその後、本当の海外一流メーカーのインプラントよりも予後がよくないとのことで、現在導入している歯科医院は激減しました。
更にそれ以前には京セラのサファイアインプラントという商品も一時的に普及しましたが成績が悪かったため消滅しました。
ブレード型インプラントという製品も消滅しました。
日本には優秀な企業は多くありますが、インプラントに関しては私の見解としましては少々疑問が残ります。

8.インプラントの埋入実績が多すぎる医院は??

現在、歯科医院はコンビニの数を上回っています。新規開院の50%が廃院になっているそうです。ですので開院してから少なくとも3年以上経過しているか確認しましょう。
開院3年以内のクリニックはスタッフや医師も入れ替わりがあったり、技工士との連携も上手くいってないことが多いのです。また開院して3年以内のクリニックでインプラントの実績を年間500本とか1000本、はたまた通算4000本とか2万本などと表記、広告していた場合、誇大広告の可能性が大です。
その理由としては、インプラントの世界シェア1位メーカーのノーベルバイオケア社(埼玉エリア支部担当)によると、埼玉県(さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、熊谷市、越谷市、鳩ケ谷市)内の歯科医院1292件のうち「300本/年間」以上のクリニックはわずか5医院とのことですから。

参考までに。
自治医大病院 100本/年(インプラント常勤医10人)
埼玉医大総合医療センター 歯科・口腔外科 185本/年(インプラント常勤医10人)
三井記念病院 歯科・口腔外科 121本/年(インプラント常勤医4人)
神奈川歯科大学 横浜クリニック 267本/年(インプラント常勤医2人)
日本歯科大学病院 インプラント診療センター 511本/年(インプラント常勤医19人)
※週刊ダイヤモンド 2013 6/15号より掲載

大学病院クラスで19人の歯科医で511本/年が最高値ですから、5000本とか2万本という数字は疑問ですね。
このレベルを10~40年で達成できる数値ですからね。
本数が多すぎると治療の精度は下がりますしね。
本数が少ないのも心配ですが…。
一流ホテル、デパートで車エビや芝エビと表示されていたものが実際はブラックタイガーやバナメイエビという事件がありましたね。
エビの偽装もインプラント年間○○本!というのも共通していることは自称○○本!であり第三者が証明していません。つまり証拠がないので言いたい放題の書き放題というのが現状です。
因みに当院では平成26年度、27年度zimmer社製のインプラントの出荷数(=埋入手術本数)が埼玉県で第1位だったと販売元の会社から報告を頂きました。ノーベルバイオケア社製インプラントに関しましても平成23年に感謝状としてクリスタルガラスのトロフィーを頂いております。
ストローマン社より大量出荷数を記念してトロフィーをいただきました。

イメージ画像イメージ画像