TOPページ > ブログ

インプラントの費用相場はいくら?

皆さんこんにちは。
埼玉県のインプラントの専門医院、JR京浜東北線蕨駅目の前にある【わらび駅前歯科】です。

 

インプラントの費用相場

インプラント治療は、保険が適用されない自由診療です。わらび駅前歯科で治療する場合のおおまかな費用は、1本あたり35万円前後です。骨の状態によっては骨量を増やす処置が必要になり、その費用が加算されることがあります。また、人工歯などの歯科素材によっても費用が異なります。

 

インプラント治療が高額になる理由

歯科治療では、最低限の機能回復のための治療には保険が適用されます。しかし、その場合の治療方法や使用できる歯科素材は限られてしまいます。そのため、いわゆる銀歯のように見た目がよくなかったり、金属アレルギーの心配があったりなど、治療に対する満足度は低くなってしまうことがあります。

インプラント治療は保険が適用されない自費診療となり、保険が適用される治療に比べて費用が割高になりますが、治療に関する自由度が高くなります。100社以上あるインプラントメーカーの中からどの種類のインプラントを使うのか、さらに人工歯をジルコニアにするのかパラジウム合金にするのかなど、患者様が納得できる治療が可能になります。

インプラント治療の費用だけ見ると高額だと思ってしまうかもしれませんが、機能面と審美面の両方を兼ね備えていることもあり、患者様の満足度は高い傾向があります

 

医療費控除について

ご自身やご家族のために支払った医療費について、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といい、歯科治療の治療費も対象になります。所得金額から一定の金額が差し引かれ、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

医療費控除のため条件は、以下の2点です。

  • 本人または家族(生計をともにする配偶者やそのほかの親族)のために支払った医療費であること
  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額-①の金額)-②の金額=医療費控除(最高200万円)

① 保険金などで補填される金額

(例)生命保険などで支給される入院給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産一時金など

② 10万円

*その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

例えば、配偶者や扶養親族のいない年収700万円の人がインプラントを3本入れて合計105万円だった場合、還付額は23万円になります。詳しくは国税庁のHPをご参照ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm

 

まとめ

歯周病は歯が抜けてしまう原因にもなり、インプラントを入れた後でも注意が必要な病気です。インプラント治療前に歯周病になってしまうと、骨の状態によってはインプラントが入れられないと言われてしまうかもしれません。わらび駅前歯科では、不足してしまった骨量を補う施術も行っています。他院でインプラント治療を断られてしまった場合も、当院なら治療できる可能性があります。ご希望の方は、あきらめずに当院まで一度ご相談ください。

 
  • カテゴリー

  • アーカイブ