TOPページ > ブログ

インプラントを長持ちさせるために大切なこと

皆さんこんにちは。
埼玉県のインプラントの専門医院、JR京浜東北線蕨駅目の前にある【わらび駅前歯科】です。

 

インプラントについて気になることの1つに、「インプラントはどのくらいの期間使えるのか」ということがあると思います。

 

インプラント治療は10年保証される

わらび駅前歯科では、独自に以下のような内容の無料10年保証をご用意しています。

インプラントの外科手術がなされた後、当該インプラントが破損した場合に下記の期間に応じてインプラント体を含む再手術、および上部構造の修復に要した費用を保証します。

  • 3年間は無料で再治療または修理
  • 3~5年間は定価の50%割引
  • 5~10年間は定価の20%割引

※いずれの保証も、有料の定期検診を年2回受けていることが条件となります。

さらに、第三者機関の海外優良再保証機関及びアイジーエス社の有料10年保証制度(1本につき2万円の保証料)もございます。歯科医院の閉院や患者様の引っ越しなどがあっても、定期的な検診を受けていれば、日本全国にネットワークが広がる保証会社認定クリニックにて無料で再治療を受けられます。

患者様が納得してインプラント治療を受けられるように、これらの保証についても診療の際に詳しくご説明いたします。

 

インプラントの寿命を短くする要因

インプラントの寿命は、噛むときの力の強さや癖、さらにインプラント周辺の歯周組織の状態によって異なります

噛む力が強かったり噛みしめる癖がある場合、インプラントに大きな力が加わり、人工歯根と人工歯をつなげる部分(アバットメント)の緩みや破折が起こってしまうことがあります。また、天然の歯には顎と骨の間に「歯根膜」という組織がありますが、インプラントにはそれがありません。その分、血液の供給が少なくなって感染症のリスクが高くなり、インプラントの寿命を縮めてしまうことがあります。

また、一般的な歯周病のように、インプラントと歯ぐきの間に歯垢がたまって炎症が起こることがあります。これをインプラント周囲炎といい、天然の歯よりも神経が通っていない分、悪化しやすいために注意が必要です。進行すると顎の骨が溶けてしまい、インプラントが抜け落ちてしまう恐れがあります

 

インプラントを長持ちさせるために欠かせないこと

インプラントの寿命を延ばすには、歯科医院での定期的なメンテナンスが重要です。むし歯や歯周病、お口の環境の変化などによって、インプラントにもさまざまな影響が及ぶので、定期的に歯科医師にチェックしてもらいましょう。また、清潔な口腔環境を保つために、ご自宅でのセルフケアも大切です。歯科医師や歯科衛生士の指導のもと、適切なブラッシングとフロス・歯間ブラシによるセルフケアを続けてください。もしインプラントに異変を感じたら、すぐに歯科医師までご相談ください。

 

まとめ

インプラントは、定期的なメンテナンスを続けていれば、数十年経っても使用できる可能性があるという報告があります。わらび駅前歯科では、独自の無料保証に加えて有料の保証制度も導入していますが、いずれも定期的なメンテナンスが条件になります。インプラントを長持ちさせるため、そして保証期間を安心して過ごすためにも、メンテナンスを続けましょう。

 
  • カテゴリー

  • アーカイブ